社屋は今にも崩れそうな木造2階建て。築30年は経過しており、東京・環状8号線沿いにあるため外壁は排ガスで煤けてみすぼらしい。1階は社長夫婦が住み込みで暮らし、2階が小さな作業場になっている。