原子力発電所の立地にことごとく失敗したがゆえに、火力発電が7割超を占める。生き残りのために磨いた火力発電が、原発が止まった今、最大の武器になった。他社が電力料金の値上げに踏み切っても追随せず、独自の成長路線を描く。