スマートメーターの普及が世界各地で本格化している。国内最大の顧客を抱える東京電力も、2014年度から導入を開始。家庭の機器などと連携し、省エネ化を図る自動技術の研究も進む。