光回線市場の巨人であるNTT東西地域会社が、顧客流出に悲鳴を上げている。仕掛けたのはKDDI。スマートフォンとのセット割引で、顧客基盤の切り崩しに成功した。高速無線通信の普及で伸び悩む固定通信市場は、果てしない消耗戦に突入しつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4369文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 さよなら、電話」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。