国内景気が後退局面に入り、消費の足取りが重い。雇用・賃金情勢が悪化し、年明け以降も厳しそうだ。衆院選で各政党が実効的な政権公約を示す必要がある。