国内景気が後退局面に入り、消費の足取りが重い。雇用・賃金情勢が悪化し、年明け以降も厳しそうだ。衆院選で各政党が実効的な政権公約を示す必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1112文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年12月3日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。