中国人団体客が消え、各地で閑古鳥が鳴いた10月初めの国慶節休暇。鹿児島県指宿市の温泉旅館「指宿白水館」では、昨年までと同じように中国からの旅行客がくつろぐ姿があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3493文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 中国人客バブル崩壊」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。