「競争戦略論」の世界的権威として経営論壇を牽引してきたマイケル・ポーター。オイシックスの高島宏平社長は、同氏の理論を日々の経営判断の後ろ盾にする。「競合相手は意識しない」と公言する同社長によるポーター理論活用の要諦とは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5314文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2012年12月3日号 76~79ページより目次