「あなた自身がキャッシュカード」。岐阜県に本店を置く大垣共立銀行がこんな触れ込みで今年9月末に導入したのは、手のひらを使った生体認証システムだけで利用できるATMだ。通帳やキャッシュカードがなくても現金の出入金ができるサービスが国内で初めて登場した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1124文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 新しい金融」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。