事業に必要な資金は金融機関から借り入れる。発想を転換すれば、こんな常識にとらわれる必要はなくなる。国内外の社内マネーを上手に活用すれば、余分なコストをかけずに資金を生み出すことができる。