「100社にエントリーしたけど、1社も内定をもらえない」「新卒ニート3万人」――。ショッキングな数値とともにセンセーショナルに報じられる昨今の大学生の就職活動。そこにはデータの誇張や誤用に振り回され消耗戦を強いられる学生たちの悲劇がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6627文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題