橋下徹大阪市長の鶴の一声で、補助金が25%減額され、一時は支給も凍結された。文化保護の立場の文楽協会と、振興に力点を置く市長との間で意見が対立。公開での意見交換会を経て支給凍結も解除されたが、事務局長がその実情を語った。