iPhone

時計で見るスケジュール

 そろそろ来年のカレンダーや手帳が気になる季節だ。今回は、一般的なカレンダーアプリでは物足りない方に、ワザありのアプリを紹介しよう。

 iPhoneには数え切れないほどのカレンダーアプリがあるが、中でも変わり種の1本が「iK Calendar」だ。画面デザインは、何とアナログの時計で、その外周に予定が表示される。表示は「1日」限定で、週間や月間の予定は分からないのだが、その割り切りぶりが潔い。週表示などは別のカレンダーアプリに任せてしまい、併用すればいいわけだ。

 そもそも我々は、子供の頃からアナログの時計を見慣れているので、このアプリを使うと、時間の感覚や作業の詰まり具合が、視覚的に分かりやすいのだ。iPhoneを時計代わりにデスクに置いている人にもお薦め。もちろん、アラームも5分前、1時間前などの設定が可能だ。

 自動で表示される予定が多いと、画面からはみ出していることもあるが、そんな時にはドラッグで表示位置を調整すればよい。スケジュールは、Googleカレンダーなどと同期可能。また、表示するカレンダーの選択もできる。

アンドロイド

自由に拡大できるカレンダー

 アンドロイドでは「タッチ・カレンダー」を取り上げよう。一見、ごく普通の月表示カレンダーのようだが、実は表示が独特で非常に優れている。

 日付の部分をダブルタップすると、日表示に変わるのだが、実は月表示の1日を拡大しているだけなのだ。つまりこのカレンダーは、月表示をベースにしながらも、自由に拡大することで、自分好みの表示にできるところが特徴なのだ。

 もちろん、単に縮小したり、拡大したりするだけではなく、見やすく表示を書き換えてもいる。拡大すると1日当たりの表示エリアは大きくなるものの、文字サイズが同様に拡大されるわけではない。つまり、月表示では見えていない予定がたくさんある日も、拡大すれば全部表示されるようになるわけだ。

 本体を横にすると、ほぼ1週間が1行で表示できる。大量の予定がある人でも、ピンチ操作だけで表示を切り替えられるのが、意外に手っ取り早くて便利だ。さらに、画面左上にあるアイコンをタップすると、「今日」にジャンプする。拡大率を変更すれば、タップ1発で今日の周辺4日間を一覧表示することもできる。


注:価格は11月14日現在


日経ビジネス2012年11月26日号 56ページより目次