厚生労働省がまとめた厚生年金基金の解散・制度廃止案に批判が渦巻く。厚生年金本体の保険料で財政が悪化した厚年基金の積み立て不足処理を図る。厚労省の豹変の裏に厚年基金から厚生年金本体につながる年金の危機がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2794文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年11月19日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。