個人消費は米経済の7割を占める。その圧倒的多数がいわゆる中間層によるものだ。景気回復が遅れているのは、今の消費者が自国の経済を維持する購買力を持っていないからだ。