住宅価格の底入れ、株価の復調など明るい兆しが表れ始めた米国経済。だが、現実に目を向けると、大恐慌以来の経済不振の傷は至る所に残る。華やかな大統領選の陰で、米国の強さだった中間層の苦悩は続いている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4466文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「希望の再生」に挑む米国」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。