住宅価格の底入れ、株価の復調など明るい兆しが表れ始めた米国経済。だが、現実に目を向けると、大恐慌以来の経済不振の傷は至る所に残る。華やかな大統領選の陰で、米国の強さだった中間層の苦悩は続いている。