「経営学の父」「20世紀を代表する知の巨人」と評されるピーター・F・ドラッカー。2005年11月に永眠したが、約30冊の著書は今も多くの経営者に読まれ、影響を与える。キヤノン電子の酒巻久社長もその1人。ドラッカー理論を経営改革に生かしてきた。