4年前、バラク・オバマ大統領が誕生した時の米国の高揚感をノスタルジックに振り返るところから本書は始まる。再選が決まった今、あの頃の情熱は米国にない。