5年ほどの駐在生活を終え、香港から東京に向かう機内でこの原稿を書いている。今回で担当するのが最後になるこの場を借り、この数年間にアジア進出の勢いが増している日本企業について書いておきたい。