尖閣諸島の問題を受け、日本企業が直面する中国リスクは深刻さを増した。ただ、市場としての魅力はなお大きく、中国にとどまる選択をする企業は多数派だ。一方、人件費や不動産コストの上昇に加え、日本製品の買い控えが最後の打撃となって撤退を検討する企業も増えるだろう。