尖閣諸島の問題を受け、日本企業が直面する中国リスクは深刻さを増した。ただ、市場としての魅力はなお大きく、中国にとどまる選択をする企業は多数派だ。一方、人件費や不動産コストの上昇に加え、日本製品の買い控えが最後の打撃となって撤退を検討する企業も増えるだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り891文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 それでも中国は大事ですか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。