中国共産党に太いパイプを持ち、徹底した分析に基づく読みに定評がある。今春には重慶市党委書記だった薄煕来の失脚を予測、見事に的中させた。中国の政治、社会分析の第一人者は新体制をどう見ているのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3167文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 それでも中国は大事ですか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。