外交や安全保障の文脈で日本から中国を見る場合、「対中」という1対1の関係で考えがちだ。ところが中国から見た景色は違う。日本の後ろに米国が控えており、東南アジア諸国連合(ASEAN)やインドなども含めた大きな枠組みの1ピースにすぎない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2902文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 それでも中国は大事ですか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。