売れ行きが急減したトヨタの販売店。日本車離れは静かに深く進行している。デモの被害を受けたスーパーは再開し始めた。だが客数回復の見通しは立たない。反日だけではない。景気減速やライバルの追い上げなど「三重苦」が日本企業を襲う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6298文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 それでも中国は大事ですか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。