東京都小笠原村、南鳥島――。東京の南東1862kmに浮かぶ東端の国境である。北緯は24度で台湾とほぼ同じ。島の形は正三角形で、最も高いところでも海抜9mしかない。1860年に、この島に立ち寄った米国人宣教師が「マーカス島」と名づけた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1383文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポンの国境」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。