低コストと豊富な労働力を求めて、世界のアパレル産業が行き着いた先はバングラデシュでした。最低賃金が中国の3分の1以下というこの国は今、「世界の縫製工場」と言われています。