欲望を増幅し消費を加速することで、急拡大してきたファストファッション。だが、使い捨て文化や劣悪な労働環境には、厳しい視線が向けられている。ファストファッションの対極にある「ユニクロ」と、その日本的モノ作りの未来が問われる。