欲望を増幅し消費を加速することで、急拡大してきたファストファッション。だが、使い捨て文化や劣悪な労働環境には、厳しい視線が向けられている。ファストファッションの対極にある「ユニクロ」と、その日本的モノ作りの未来が問われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3329文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ファストファッション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。