最新のおしゃれなドレスも、数千円で手に入る――。そんな、ファストファッションが今、世界を席巻している。代表格のザラやH&Mは、日本でも高い人気を誇り、中国や南半球にその商圏を急拡大している。消費者を虜にする「速さ」と「安さ」を可能にしているのは、地球規模で構築された高速サプライチェーンだ。だが、そこには「使い捨て」などの懸念もつきまとう。グローバル化の先端を行く身近な産業の舞台裏を探る。

(ロンドン支局 大竹 剛、蛯谷 敏、瀬戸 久美子、日野 なおみ)

CONTENTS

バングラデシュルポ
「世界の縫製工場」の実像

ファストファッション最大手
ザラ、高速経営の神髄

勃興する新勢力
知られざる巨人、動く

日本のモノ作りの行方
「次はユニクロ」の勝算

日経ビジネス2012年11月5日号 24~25ページより目次