足元の停滞感はともかく、中国、韓国経済は中長期的に見て成長潜在力を持っているのか。日中、日韓関係の悪化とともに、企業の視線はその一点に向かいつつある。