9月15日、岐阜長良川スイミングプラザは、新星の登場に沸き上がった。ぎふ清流国体男子200m平泳ぎで、鹿児島県立志布志高校3年生の山口観弘が、ロンドン五輪金メダリストのダニエル・ジュルタの世界記録を更新する2分7秒01という驚異的なタイムを叩き出したのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4339文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。