一言でいえば「経営のプロ」、それがカルロス・ゴーン氏である。大学卒業後、仏ミシュランに勤務したが、20代後半には工場長となり、30代には海外現法の社長を経験している。