「五輪金メダル」という果実は、4年に1度しか訪れない大会が、アスリートとしてのピークのタイミングとぴったり重なり合わなければ手中にできないものだと思う。