まずは自分が好きでなければ、どんな商品だって売ることはできない。強い思い入れがあればこそ、時には侃々諤々の議論を戦わせる。自社の商品やブランドに対する情熱で強く結ばれた組織を紹介しよう。