iPS細胞を開発した京都大学の山中伸弥教授のノーベル賞受賞が決まった。再生医療や創薬への応用を目指し、民間企業でも事業化の動きが活発だ。新技術を医療の現場に生かすため、継続的な企業努力が求められる。