「日本製品の存在感が低下している」。いつの頃からか、そんな話が当たり前になってしまった。確かに、かつて日本製の独壇場だったテレビのように、新興勢力に市場の主導権を握られてしまった例はある。だが、日本には今も世界の市場で大きなシェアを握り、圧倒的な存在感を示している商品が数多くある。