私は長く財務畑を歩んできました。目覚ましい成果を上げたわけではありませんが、特に大きな失敗もなく着実に歩んできたと自負しています。そんな私に社長のバトンが渡され、2007年4月に就任しました。