工場の広さや生産する製品、部品の種類などを入力すると、産業用ロボットの潜在能力を100%引き出すレイアウトが直ちにはじき出される。担当者に、生産改善の知識や工場運営の経験はあまり必要ない。