火星は、太陽系の中で最も地球に近い環境を持つと言われる惑星だ。1日の長さは、約24時間37分とほぼ地球と同じ。極めて微量ながら大気も存在し、四季もある。こうしたことから「火星への人類移住」は昔からSF小説や映画の人気テーマの1つとなってきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6066文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本を救う次世代ベンチャー100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。