「病への不安」や「災害・治安悪化」など、日本社会を覆う様々な憂鬱。最新ベンチャーの知恵と技術が物になれば、その多くは克服可能だ。10年後、日本が「不安なき国」になる可能性は十分残されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り505文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本を救う次世代ベンチャー100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。