二人三脚で歩んできた百貨店とアパレルメーカーの関係に変化が生じている。既存の取引先から離れる百貨店と、自ら売る力を模索する大手アパレル。「共依存」とも言える関係を築いてきた両者は、それぞれ自立できるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5040文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 百貨店とアパレルの岐路」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。