二人三脚で歩んできた百貨店とアパレルメーカーの関係に変化が生じている。既存の取引先から離れる百貨店と、自ら売る力を模索する大手アパレル。「共依存」とも言える関係を築いてきた両者は、それぞれ自立できるのか。