これまでの各分野の提言を生かすも殺すも、最後は政治次第だ。それなのに、永田町の話題は次期衆院選後の政権枠組みと個々の議員の生き残り策ばかり。政党としての政策を磨き、国会をはじめとする政治改革を急ぐ。それなしにニッポンの改造はなし得ない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4196文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポン改造計画100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。