世界における企業の競争環境が激変する中、日本の産業政策が後手に回っている。エコポイントや補助金、中小企業支援策は、むしろ競争力や新陳代謝を阻害していないか。国主導で企業の競争力を底上げできるという幻想に捉われていていいのか。