働き手の減少に歯止めをかけるには、女性や高齢者、若者の労働参加率向上が急務だ。そのためには、旧来の雇用環境の硬直性を崩せるかどうかが最大のカギになる。雇用問題に詳しい専門家や学者、エコノミストに、雇用改革の処方箋を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4957文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポン改造計画100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。