来年4月8日、日本銀行の白川方明総裁の任期が終わる。解散・総選挙後の政権の行方によって、その人選は大きく揺さぶられよう。次の日銀総裁は、デフレ脱却、円高阻止という積年の課題にどう立ち向かうのだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5746文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポン改造計画100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。