「外交不在」は成長戦略の柱の経済連携交渉にも影を落とす。農業再生への動きも停滞したままだ。通商国家・日本の矜持を示すには、一体で取り組むしかない。