解散総選挙を控え、民主党政権が「原発ゼロ」を巡って大揺れに揺れている。原発維持を求める産業界はもちろん、脱原発派もブレまくる政治に愛想を尽かす始末だ。原発ゼロを巡る不毛な論争を超え、日本のエネルギーの未来を切り拓く議論を始めるべき時だ。