粗鋼生産量で世界第2位となる「新日鉄住金」が誕生する。ただ、中国勢の過剰生産のあおりで体力をすり減らす一方だ。国内生産を死守しながら、再び業界の盟主に返り咲けるか。