野田佳彦首相が党幹部人事・内閣改造に動いた。党内融和と衆院選にらみの布陣だが、浮揚効果は限定的。前門の野党、後門の“離党予備軍”に苦慮する政権運営が続く。