ユニ・チャームの社長執行役員、高原豪久は、創業者で元会長である高原慶一朗の長男だ。オーナー経営者の強みと弱みを理解し、着実かつ柔軟な経営スタイルを確立した。柔和な語り口には、2代目の悩みを克服した強烈な自負がうかがわれる。