ユニ・チャームの社長執行役員、高原豪久は、創業者で元会長である高原慶一朗の長男だ。オーナー経営者の強みと弱みを理解し、着実かつ柔軟な経営スタイルを確立した。柔和な語り口には、2代目の悩みを克服した強烈な自負がうかがわれる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1589文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 閉塞打ち破るトップの条件」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。