注目を集めるバイオ医薬品分野を牽引する中外製薬。会長 最高経営責任者の永山治が2001年に下した大胆な決断が、現在の立ち位置を作り上げた。中外の株式の50.1%を世界大手、スイスのロシュに売却するという「戦略提携」を断行したのだ。2001年3月期の中外の営業利益は302億4200万円。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1491文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 閉塞打ち破るトップの条件」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。