1995年9月、御手洗冨士夫はキヤノンの社長に就任した。前任の社長が急逝したのに伴う予想外の人事だ。当時のキヤノンは収益の伸びが鈍化し、借入金も多かった。ここからの4カ月を転機として、御手洗はキヤノンを国内屈指の高収益企業へと変えていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2235文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 閉塞打ち破るトップの条件」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。