長期にわたって業績不振や停滞から抜け出せなかった企業を、1人の経営者が変えることがある。最近で言えば経営破綻した日本航空(JAL)を1年で黒字化し、再上場を果たした名誉会長の稲盛和夫が挙げられよう。日産自動車を復活させた社長のカルロス・ゴーンや、買収した赤字企業を短期間で再生する日本電産社長の永守重信もそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1297文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 閉塞打ち破るトップの条件」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。