長期にわたって業績不振や停滞から抜け出せなかった企業を、1人の経営者が変えることがある。最近で言えば経営破綻した日本航空(JAL)を1年で黒字化し、再上場を果たした名誉会長の稲盛和夫が挙げられよう。日産自動車を復活させた社長のカルロス・ゴーンや、買収した赤字企業を短期間で再生する日本電産社長の永守重信もそうだ。